低用量ピルではトリキュラーの人気が高い

低用量ピルの中で特に人気が高いものにトリキュラーがあります。
これは日本の低用量ピルの中で最もメジャーな部類に入る商品です。
自然なホルモン量の変化がつけてありますので、女性のホルモンサイクルに負担が無く副作用も出にくいといったメリットも見逃せません。
女性の身体はホルモン分泌量のサイクルがありますが、トリキュラーに含まれる黄体ホルモンの成分であるレボノルゲストレルが女性のホルモンサイクルに近い状態で作用するように含有されています。
そのため体に負担をかけずに避妊がしたい方に最適な低用量ピルです。

トリキュラーに含まれるレボノルゲストレルは第2世代のピルに含まれている成分で、第一世代に比べてより副作用が出にくいピルとして近年婦人科で好んで使われています。
その特徴としては自然のホルモンサイクルに近く不正出血が少なくて使いやすいという点が特に好んで使われる理由と考えられるでしょう。
トリキュラーは世界中で人気がある低用量ピルですので、日本のクリニックで処方されるだけでなく海外通販などでも人気を集めている製品です。
海外通販のメリットは日本で処方されるよりも安い価格で購入できる点やまとめ買いできる点にあります。

トリキュラーで避妊をするメリットは、自然なホルモンサイクルに似せた方法で体に負担をかけることなく服用できる点にあります。
休薬期間が終わったことを忘れずに次のシートを飲み始めたいという方は28錠タイプ、そうでない方には21錠タイプも人気です。
休薬期間は7日間で、その間に出血が起こりますがお腹が痛くなったり大量に出血するものでは有りません。

その後新しいシートを飲み始めます。
服用の方法も簡単ですし、クリニックで処方してもらうことが出来て比較的副作用が少ないため、トリキュラーは特に人気が高い低用量ピルとして知られています。
多くのクリニックで特に問題が無ければこのピルを処方される方が多いことからも人気があることがわかります。

トリキュラーを服用で必ずしも太ることは無い?

トリキュラーの副作用で体重増加がみられることがありますが、これはすべての人に起こる副作用ではありません。
トリキュラーには女性ホルモンが含有されていますのでむくみやすくなるなどの特徴はあります。
これは人によって個人差があり、身体に水分が蓄積されやすくなるのを太ると感じる人もいるため一概には言えません。
太る以外の副作用にも個人差があり、全く不快な症状を感じない人もいますし太ったりそれ以外のマイナートラブルがおこったりする人もいます。
トリキュラーは太ると聞いたので服用を迷っているという人は、必ずしも太ることはありませんし低用量ピルは副作用に個人差がありますのでまずは試してみることをおすすめします。

トリキュラーは日本の婦人科でも第一選択肢的に使われる最も人気のある低用量ピルの一種です。
扱っているクリニックも多いですしそれだけ実績が少なく使いやすい薬としても知られています。
体重増加に悩まされる人も水分量を減らしたり食事方法に工夫をするといったことで体重をキープできるケースもあります。
トリキュラーの太るという副作用はすべての人に現れるわけではありませんし、体重が増えてしまった場合でもすぐに食生活や生活スタイルを変更することによって元の体重に戻ることができる可能性も高くなります。

副作用に個人差があるトリキュラーですが、自然なホルモン量の変化で使いやすいピルという特徴がありますので、まずは服用を始めてみてはいかがでしょうか。
副作用の出にくい低用量ピルですので多くの場合快適に避妊をすることが出来ますし、体重増加もマイナートラブルの一種ですので増えない人もたくさんいます。
避妊を考えている方にはおすすめのピルです。