モーニングアフターピルは個人輸入で買うのがお得!

モーニングアフターピルを購入する場合は、病院で処方してもらうのではなく通販を選んだほうがかなりお得です。
モーニングアフターピルをはじめ、ピルは産婦人科で処方してもらうことが多い薬ですが、病院処方の場合はどのくらいの値段がするのでしょうか。

病院で処方される薬は健康保険が適用されるというイメージがありますが、モーニングアフターピルの場合は自由診療となります。
産婦人科では治療目的で処方する薬ではなく、あくまで緊急的に避妊を行うために使用する薬のためです。
そのため、健康保険が適用されずに10割負担となります。

自由診療となっているモーニングアフターピルは、クリニックによって値段が変わります。
平均すると1錠につき5000円から2万円程度が相場です。
さらに病院で処方してもらった場合には、薬代以外にも診察料などの値段が加算されてしまいます。
診察料は2000円から3000円程度が平均的な値段です。

クリニックによってはモーニングアフターピルを処方してもらうのに、診察代や薬代などを含める3万円近くかかってしまうケースもあります。
この値段は決して安い金額とは言えません。
一方、通販であれば病院よりもかなりお得な値段での購入が可能です。

通販で買う場合、海外から医薬品を輸入代行している、個人輸入業者から購入することになります。
代行を行っている個人輸入業者が運営している通販サイトには、モーニングアフターピルだけでなく多くの医薬品が取り扱われています。
医師の処方箋がなくても購入することができるので、個人輸入業者のサイトからインターネット通販すれば、ほぼ薬代のみで済むようです。

業者によって、はやり値段の設定は異なりますが1錠につき、約2000円から3000円程度が相場です。
さらに、まとめ買いをすれば値引きをしてくれるところもあります。
病院で処方してもらうよりインターネット通販であれば、半額以下の値段で購入することも可能です。

個人輸入代行には偽物の薬を扱う業者に注意

病院で処方してもらうより、大幅に安い値段でモーニングアフターピルを購入できるインターネット通販ですが、利用する際は偽物の薬を取り扱う業者の存在に注意しなくてはいけません。
インターネット通販は、全く顔が見えない状態で商品をやり取りすることになります。
ですので、中には悪徳な業者もおり、全く有効成分が含まれていない偽の薬を販売しているところもあるようです。
もし偽物のモーニングアフターピルを購入してしまった場合は、服用しても避妊の効果は得られず、妊娠してしまう可能性が高まります。

また、有効成分が入っていない偽の薬だけでなく、身体に害のあるような成分で製造している薬もあるようです。
悪質な薬を飲んでしまった場合、身体に大きな悪影響を与えてしまうケースも考えられるので注意が必要です。
ただ、インターネット通販で医薬品を取り扱っている個人輸入業者全てが、偽物のモーニングアフターピルを取り扱っているというわけではありません。
海外から正規品を輸入している業者も多いので、信頼できるところから通販することをおすすめします。

信頼できる個人輸入業者を探すには、まず情報を集めることから始めましょう。
サイトに代表者名や会社の住所や建物の名前、電話番号といった情報が記載されているかチェックします。
これらの情報が無いサイトは危険ですので、無視するのが妥当です。

さらにサイトが日本にあるか、決済の方法も確認します。
日本にあるサイトであれば、万が一トラブルが起こった場合、対処してもらえる可能性が高いです。
個人輸入業者の場合、銀行振り込みが一般的ですが他に、クレジットカード払いができると信頼感が増します。
サイトを長く運営しているか、口コミでの評判はどうかなどもチェックして、信頼できる業者から購入するようにしましょう。