ピルは避妊だけでなく生理痛にも効果がある

ピルを服用すると避妊が出来るだけでなく、生理痛の改善にも効果が期待出来ます。
避妊のことを彼だけに任せておくのは不安という人は、婦人科のクリニックでピルを処方してもらって飲むと自分の責任で避妊が出来るので安心です。

女性には毎月生理があるため、生理痛がひどい人は苦労することが多いでしょう。
生理が重い場合、寝込んでしまって仕事を休まなくてはならない人もいますし、大切な予定をキャンセルしてしまうこともあります。
生理という毎月の苦しみが無ければいいのにと思っている人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちにおすすめなのが、婦人科でピルの処方を受けることです。

生理痛は子宮の収縮が強く行われることで起こりますが、その収縮を起こしているのがプロスタグランジンというホルモンです。
女性の体は毎月、妊娠した時に備えて子宮内膜を膨らませて、一定期間内に妊娠しなければ古くなった子宮内膜を対外へ排出するというサイクルを繰り返しています。
古い子宮内膜を壊して血液と共に排出するのが生理ですが、この時に子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌量が多いと子宮が必要以上に収縮してしまい生理痛となります。

ピルを飲んでおけば子宮内膜が増殖して厚くなるのを抑える効果が得られ、プロスタグランジンの分泌量も抑えられるので、生理痛の軽減が可能です。
プロスタグランジンには子宮内の痛みを敏感に感じさせる作用もあるため、プロスタグランジンの分泌量が多いことが原因で生理痛がひどいタイプの人はピルを飲んで抑えるのが良いでしょう。

ピルの働きによって子宮内膜があまり厚くならないと生理時の出血量も減少するため、生理が重い人には一石二鳥です。
いつも出血量が多くてナプキンを頻繁に変えていたという人も、ピルを服用していれば快適に生理期間を過ごせると考えられます。
避妊や生理痛などの女性特有の悩みを解消してくれるピルの利用について、婦人科で気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ニキビの解消や生理周期の調整にも使える

女性の体の中では毎月ホルモンが変動を繰り返しています。
その変動によって体や心に変化があらわれますが、生理前の時期には肌荒れや大人ニキビといった肌トラブルが出やすいのも困る点です。
もしも生理前に大人ニキビや肌荒れが起こるのを防ぎたいなら、ピルを使ってみるという方法もおすすめです。
ピルを服用すれば生理前に黄体ホルモンが多く分泌されることがなくなるため、その影響で起こっていた大人ニキビなども解消が期待出来ます。

ピルにはその他にも便利な使い方があります。
それは、服用方法を工夫することで生理周期の調整が出来るという点です。
例えば、楽しみにしている旅行の日程に生理期間が重なると気分や体調が悪くならないかという心配が出てしまい、充分に楽しめない怖れがあります。
しかしピルを使って生理周期を調整すれば、旅行に行く日に生理が重ならないようにすることが可能になります。

旅行の他にも、結婚式や面接など大切な予定がある日には生理が来てほしくないという人が多いのではないでしょうか。
そういった希望をピルを使うことで叶えられるので、まだピルを使っていないという人は婦人科でピルを処方してもらい、生理周期の調整の仕方についても聞いてみると良いでしょう。

なお、生理周期を調整したい時は旅行などの予定がある日よりも2~3ヶ月前から準備することが必要になります。
特にこれからピルを飲み始めるという人は薬に慣れる時間も必要だと思われるため、早めに婦人科で相談することをおすすめします。

大人ニキビや肌荒れが生理前に出来てしまい憂鬱だった人も、大切な旅行や結婚式などを思いっきり楽しみたい人も、ピルを上手に使うことで生活の質を上げられる可能性が高いので、利用を考えてみてください。