コンドームは避妊以外にも性病予防にも使われる

性交渉をする時には多くの方が避妊のためにコンドームを使用していると思います。
コンドームと言うと避妊のための道具だと思われがちです。
もちろんその認識は正しいのですが、必ずしも避妊だけを目的とした道具ではありません。

避妊と同じかそれ以上に期待されているのが性病の予防です。
日本では、クラミジアと淋病を中心に性病が流行しています。これらの性病の感染経路は無防備な性交渉が中心となっています。
現代の日本では性風俗に行かないような人たちの間ですら感染者がいる状態です。

性病は病原体が性行為を介して非感染者に感染していきます。
このとき、コンドームを使用していると病原体は非感染者の粘膜などに接触できず感染することができません。
そのため、コンドームを着用すると性病の感染を予防することができるのです。
この性病感染の予防は他の避妊方法では期待できません。

避妊方法にはいくつもの方法があります。
しかし、コンドーム以外の避妊方法は直接粘膜同士が接触してしまうことが多いです。
そのため、仮に片方が性病に感染していると相手にも性病を移してしまう恐れがあります。
性病の予防と避妊は基本的に別の問題なのですが、コンドームはこの二つを一度に解決する非常に便利な道具なのです。

世界的に見ても性病の蔓延は非常に大きな問題となっています。
このような国々では、コンドームを無償配布するなどして性病の蔓延を食い止めようという活動すらあるのです。
特に性交渉が主要な感染経路であるHIVは放置すれば死に至るため、蔓延している国では人口減少による国力の低下や地域社会の崩壊と言った重大な問題となっている国もあります。

コンドームによる性病の予防は低コストでしかも簡単です。
性病に感染すれば治療にお金が必要ですし、時間も必要です。自分が感染源となって大事な人の健康も損なうかもしれません。
そのような不本意な事態を避けるためにもコンドームを使用して自分と大事な人の体を性病から守りましょう。

オーラルセックス時もコンドームの着用が必須な理由

日本ではオーラルセックスの一般化により性交渉時にフェラチオやクンニと言った愛撫をすることがそれほど珍しいものではなくなりました。
その結果、これまで女性であれば膣内、男性であれば尿道を中心に感染していたクラミジアや淋菌がオーラルセックスを介して口腔内の特にのどの粘膜にも感染する事例が増えています。
のどに感染することを咽頭感染と呼んでいますが、この咽頭感染が非常に厄介な存在です。

性器に感染すると性別にもよりますが、それなりの症状がでます。
性病に対する認識もあるので比較的発見しやすいのですが、咽頭感染の場合、そもそものどに感染するという意識があまり一般的ではないので発見が遅れてしまいます。
また、治療も性器感染に比べて時間がかかりやすいです。

このような性病の咽頭感染の予防にもコンドームの利用は効果的です。
フェラをする際にコンドームを事前に着用すれば、尿道からのど、或いはのどから尿道へのクラミジアや淋菌といった病原体の感染を防ぐことができます。
病原体を多く含んだ膿や精液に粘膜が直接触れることで感染しますが、接触の機会がコンドームの使用で無くなりますので、性病の予防となるのです。

なお、性病の予防と避妊を確実にするためにはオーラルセックスで使用したコンドームをそのまま使用し性交渉を続けることはお勧めできません。
オーラルセックスの際にコンドームに歯が当たるなどすれば、コンドームの表面に傷が付きます。
この傷が挿入中にコンドームの破損につながる恐れがあり、破損すれば性病の予防も避妊も両方とも失敗です。
そのため、オーラルセックスと実際の挿入時は別のコンドームを使用することが望ましいと言えます。