アフターピルを服用していても妊娠は可能?

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれるように妊娠のある可能性がある性行為をした直後に服用することで妊娠を防ぐことができる薬です。
仕組みとしては女性ホルモンを急速に補充することによって身体を人工的に妊娠状態にするものです。
効果そのものは一時的なもので、またアフターピルは28日周期で毎日服用し続ける低用量ピルと比べて妊娠阻止率は高くありません。
特に時間的な余裕がアフターピルにはなく最長で72時間以内に服用しなければ妊娠を阻止することができないものです。

一方で低用量ピルにしてもアフターピルにしても人工的に女性ホルモンを増やすといったもので、その女性ホルモンは時間が経てば消えていきます。
このようなことから身体からアフターピルなどで体内に入れた女性ホルモンが抜けてしまえば元の状態に戻ることができ、このため妊娠も正常に行うことができます。
アフターピルを使用したからといって将来的に妊娠できない身体になることはありませんし、またアフターピルを服用して避妊に失敗したとしても胎児に与える影響もありません。

ただアフターピルそのものは緊急避妊を目的として服用すべきものであり、低用量ピルと比べて身体に与える負担が大きいことでも知られ異常を感じるケースも多くあります。
このため継続的に妊娠を望まないのであればアフターピルではなく低用量ピルを使用することが医師からも勧められます。
実際のところ低用量ピルとアフターピルは両方とも自由診療で全額自己負担になりますが、費用面から見ても低用量ピルの方が安価です。

アフターピルを服用していても身体からその成分が抜けてしまえば妊娠することは可能ですが、成分が身体に残っている間は妊娠が困難な身体になっていることを意味します。
ただ100%の妊娠阻止率があるわけではなく無防備な性行為をすれば妊娠することはごくごく稀にあるため注意が必要です。
これは他の避妊方法でも同様でピルを使用しても他の避妊方法と組み合わせることが望まない妊娠を避けるためには重要です。

妊娠を望む女性はストレスを溜めないように注意

アフターピルや低用量ピルを服用していてそのあとに妊娠を望むもののなかなか妊娠できない場合には、ピル以外の原因が考えられます。
特に可能性が高いのがストレスの影響です。

妊娠のプロセスは現代では解明されており高確率で達成できる方法も考案されています。
しかし最後の決め手となるのがいかに女性がリラックスした状態あるかということです。
現代の医療では精子や卵子の状態を確認する検査が可能であり異常の有無を調べることも行われています。
しかし男女ともにどちらも異常がないにも関わらず、子どもが出来ないといったケースは今でも多くあります。

妊娠する時はすぐにできる場合もあればいつまで経ってもできないといったこともありますから子どもが出来るのは神秘的と言われる所以です。
この子どもが出来ないことが目には見えない何らかの相性であるのか、身体の中で原因不明のなにかの問題が発生しているのか、その理由を突き止めることは現代の医療技術でも難しいのが現状です。

このため子どもを作る段階においては可能な限りストレスを溜めずに可能性が高いタイミングでスケジュール通りに性行為を行うことが重要になってきます。
そもそも人間の妊娠率は30%程度と低く確率から言えば1年程度は続けなければなりません。
もちろんすぐに出来る場合もありますが、多くは半年程度は意識して活動することが求められます。

また1年以上行っても妊娠できない場合には不妊症の可能性があり、その他の選択肢を考えることも必要ですが、これまで通りに諦めずに続けることが重要です。
また妊娠したあともストレスを溜めないことが重要です。
これは胎児に与える影響があるためで、ストレスにより流産するリスクがあります。